障がい者就労支援事業

  • HOME
  • 障がい者就労支援事業

障がい者就労支援事業とは

ぴゅあ・さぽーとの障害者就労支援事業は、臨海部広域斎場組合から運営の委託を受けた喫茶・売店を障害者の訓練の場と位置付け、就労を継続しつつ障害者の自立の手助けをすることを目的としています。
仕事に必要なスキルとともに、コミュニケーションスキルも身につけていきます。また、障害者の訓練の場としつつも、地域との連携を深めながら、運営は障害者業務援助者の指導の下に安定した健全な運営を図ることを事業目的としています。

臨海斎場・売店

大田区にある臨海斎場では、障がいのあるスタッフが元気に働いています。臨海斎場内にある喫茶・売店を訓練の場とし、障害者の自立に向けて共に働くことを目標にしています。
職員のうち障害のあるスタッフは4名。その4名は、障害者業務援助者の助けやアドバイスを受けつつ、待合室の飲み物やお菓子のセット、自動販売機の詰め替え、喫茶室での飲み物や軽食を作るのを仕事とし、将来自立して働くことができるように社会訓練をしています。