理事長ごあいさつ

  • HOME
  • 理事長ごあいさつ

日頃から、当法人の運営にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
ぴゅあ・さぽーとでは、平成13年の設立以来、学校生活支援事業、児童健全育成事業、障がい者就労支援事業等、多角的な事業に取り組んで参りました。
当初は、品川区を中心とした、地域の子どもや障がいを有する方の支援活動が主な事業内容でした。事業を積み重ねる中で支援の輪が広がり、現在では、広い地域において、欠かすことのできない支援の力の一つとして大きな役割を担っていると自負しています。
私たちは、子どもたちや障がいを有する方に、「元気を与えることのできる支援」を行っていきたいと考えています。そのためには、支援を行う側も日々成長していくことが大切であり、研修等を通じた人材育成や、実践の共有を図る必要があります。
また、変化の激しい現在の社会においては、デジタル化や、地域や場所を超えた多様なコミュニケーションに対応する力も求められます。支援の場においても例外ではなく、変化への対応が必要です。
今後、このような課題にも取り組みながら、これまで積み重ねてきた、一人ひとりに寄り添うあたたかな心も大切に、一層充実した事業を行っていく所存です。

小池敏英

基本理念

地域社会の
すべての人とともに歩む

趣旨

『特定非営利活動法人 ぴゅあ・さぽーと』は、障がいを持つ子どものいる家庭が、地域の中ですこしでもゆとりをもって生活していくことができるよう、子育てを支援するとともに、障がい児・者の自立を支援し、福祉の増進に寄与するという趣旨のもと、平成13年4月に設立しました。

運営方針

  • 事業ごとに安定した健全な運営を図る
  • 地域との連携を深める
  • 人材の確保と育成に努める